フランスの田舎町サン・ソヴールで生まれ育ったコレット。豊かな自然と心優しい両親に囲まれながら平穏な日々を送る一方で、14歳年上の人気作家ウィリーと出会い、激しい恋に落ちていた。1893年、大人の女性へと成長したコレットは、結婚を機にそれまでとは別世界のパリへと移り住む。
“ベル・エポック”真っ只中の活気にあふれていた1890年代のパリ。コレットは夫のウィリーとともに芸術家たちの集うサロンへと足繫く通うことになる。初めは馴染めなかったコレットも、少しずつ新しい環境へ順応していき、いつの間にか享楽の世界に浸っていた。しかし、派手な暮らしの裏では、ウィリーの浪費癖が原因で借金はかさんでいくばかり。さらに、ウィリーは編集の勉強会と称して、ほかの作家たちに自分の作品を書かせていたのだった。そんななか、コレットの才能にいち早く気が付いたウィリーは、自身のゴーストライターとして彼女に自伝的な小説を書かせることに。その後、コレットが執筆した「クロディーヌ」シリーズは、社会現象を巻き起こすほどの一大ブームとなるのだった。革新的な商才のあったウィリーは、本の出版だけにとどまらず、舞台化やブランドを立ち上げることで幅広く商品を展開することを思いつく。

これらの成功によって時の人となり、世間もうらやむようなセレブ夫婦として注目されるようになるコレットとウィリー。幸せの絶頂にいるかのように思われていたが、コレットは自分が作者であることを世間に認められない葛藤と夫の度重なる浮気に苦しめられることとなる。どんどん気持ちが離れていくコレットに対し、追い込まれていたウィリーは新作の執筆をコレットに強制し、束縛し始めるようになるのだった。
徐々に夫婦関係が険悪になるなか、コレットは「妻としてだけで終わらず、もっと世界に関わっていきたい」と強く願うようになる。そして、自分を偽ることなく生きる男装の貴族“ミッシー”との出会いも大きな後押しとなり、コレットは自らの歩むべき未来を追い求めるようになるのだった。
激動の時代に流されることなく、心の声に従って愛と自由を手にしたひとりの女性。ありのままの自分でいるため、あらゆる困難と闘いながらも、最後まで自分自身に正直であり続けようとする意志は揺らぐことはなかった。作家としてだけでなく、舞台に立つことで表現の幅を広げていったコレットが、自らの力で切り開いた道の先に見つけた“希望”とは……

PAGE TOP
PAGE TOP
CLOSE

今の時代だからこそ語るべきコレットの半生に、絶賛コメントが続々到着!

まさにコレットの生き様は、現代のバイブルなのかも!好きなことに情熱を注ぎ、素直に自分の想いに従った。だからこそ困難を乗り越える姿は、私たちに勇気をも、もたらせてくれた感動の一作。コレットの人生に愛をこめて ―IKKO(美容家)

作家コレットの体現する自由は華やかで、軽やかで、とてもセクシー!でもそれは苦難の末に彼女がつかみとったもの。いまだに時代の先を行くような彼女のこと、新しい世代の女性たちにもアイコンとして知ってほしい。―山崎まどか(コラムニスト)

男に仕込まれ、男を捨てて、コレットはフランス文化を彩る大作家になった。ナイトレイの気迫と知性が光る。―工藤庸子(フランス文学)

新しい女として旅立とうとする若き日のコレットが、世紀末の絵画のようなパリや田園の風景に包まれている。見とれてしまう。―海野弘(評論家)

ズボン着用が処罰された時代に彼女は男装していた。その勇気と洋服のセンスが素晴らしい。―北村道子(スタイリスト)

本当の自分とたえず向き合い生きていくことは、普通の人間には辛すぎてできない。コレットの素晴らしさは、それをやり遂げたこと。―室井佑月(作家)

よほど深く共感しているのだろう。キーラ・ナイトレイはコレットに完全になりきっている。すばらしい!―鹿島茂(フランス文学者・明治大学教授)

文才に富んで、バイセクシャル。ファッション・センスが抜群のコレット。シャネルやコクトーが惚れたのも当然だ。―松岡正剛(編集工学研究所 所長)

100年前にこれだけ表現活動をやり切った女性がいたことに現代人はもっと焦った方が良いかもしれません。コレット先輩のセンスに完敗です……―辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

〈 順不同 〉

CLOSE