HISTORY コレットについて

Sidonie-Gabrielle Colette

シドニー=ガブリエル・コレット(1873.1.28―1954.8.3)

シドニー=ガブリエル・コレット

20世紀初頭のフランスでその名を世に知らしめて以来、無数の読者を魅了し、インスピレーションを与えてきたコレット。時にはスキャンダラスな私生活を暴露することも恐れず、時代を常に先取りしていた。ココ・シャネルやジャン・コクトーなど多くの著名人とも大変親しく、自著「ジジ」の舞台化にあたっては、当時無名だった新人女優オードリー・ヘプバーンを主役に大抜擢し、彼女を一躍スターにした立役者でもある。フランス人女性で初めて国葬されるなど、国民からも愛されたひとりでもあった。「クロディーヌ」シリーズに加え、「シェリ」「青い麦」「夜明け」「ジジ」などの傑作を世に送り出し、舞台化や映画化も多くされている。その中でも「ジジ」は『恋の手ほどき』(1958)として作品賞を含む9部門のアカデミー賞®を受賞している。

PAGE TOP
PAGE TOP
CLOSE